2017年12月

感想

2017年はこれまでの撮り方の質的改善を図るとともに、新しい撮り方にも挑戦してきたつもりだったが、1年を振り返ってみると前者に偏重してしまったようだ。こう撮りたいというイメージはどんどん出てくるのですっきり年越しとは行かず、たくさんの課題を持ち越すことになった。それでもいくつかは形になったので以下に紹介したい。

[鉄道編成]

2月21日/小田急電鉄小田原線:栢山-富水/0135レ特急「はこね」35号:小田急7000形7003x11
編成写真では車体塗装の発色を意識して撮影に臨んだ。同じ角度から光を当てても出てくる色に明らかな違いを感じたからで、結果周辺の建物や枯草、青空といった要素が映り込んでノイズとなることがわかった。ただ撮る前の段階での予想が不十分で、撮ってからがっかりということが何度もあった。その反動で綺麗な発色が得られた時の喜びも大きく、ラストチャンスと思って狙った小田急LSEは一発で決まった数少ない成功体験となった。

[鉄道風景]

11月25日/伯備線:岸本-伯耆大山/1015M「やくも」15号:Tc381-144+T381-228+M381-76+M'c380-503
今年はあちこちに中途半端に足を延ばしてばかりだったが、伯備線だけは時間をかけて巡ることができた。最大の収穫は冠雪した大山とのツーショットで、するすると雲が抜けて頂が姿を見せたときの興奮は今でもまだ新しい記憶として残っている。

[鉄道曇天]

6月30日/鹿児島本線:赤間-東郷/57レ(遅れ):EF81 503+コキ
晴れ写真ばかりだと後々並べたときのバランスが悪い。と気づいてから曇天での撮影にもチャレンジしている。ただこれまで晴天頼みでやってきたために勝手がわからず、成果と言えるようなものではないのだが、これは反省点として残しておきたい。

[航空風景]

9月23日/JTA622:Ishigaki-Naha/Japan Transocean Airlines Boeing 737-446:JA8999

7月22日/JAL327:Tokyo Haneda-Fukuoka/Japan Airlines Boeing 777-246:JA771J
飛行機写真では大転換で、離陸機一本槍からルークオザワ的風景写真をお手本に試行錯誤を重ねている。離島行脚にもチャレンジしているのだが、こちらもまだ収穫の日はまだまだ先になりそうだ。

[航空機動]

5月28日/航空自衛隊第3航空輸送隊第403飛行隊[美保]/C-2/78-1205
今年は航空祭への参加率は低めに留まってしまったが、唯一しっかりと参加した美保の航空祭では輸送機たちの乱舞に目を奪われた。一方で戦闘機との一発勝負はフィールドに立つことさえなかったので、来年は積極的な参加を心掛けたい。

[艦船]

4月16日/海上自衛隊第1護衛隊群第5護衛隊こんごう型1番艦 DDG173 こんごう
佐世保に行っては海だけを見て帰ってくるなんて贅沢を何度かしてしまったものの、ちょこちょこと収穫はあり、その中でもこんごうの俯瞰カットは満足度の高いものとなった。

[自動車]

11月5日/晴海通り:銀座4丁目/United States Secret Service CADILLAC Presidental State Car
今年は1月から視閲式に参加するなど警察車両の撮影も機を見て敢行してきたのだが、収穫はいまいち。結果至近から出迎えたトランプ車列が一番の収穫となった。

この他に今年の100枚をflickrのアルバムにまとめてあるので、是非ご覧いただきたい。
100 of 2017 flickr album

このように今年もあれこれ写真ばかりの1年になってしまっているのだが、やはりゾクゾクするようなシーンに出くわすことができないでいる。そろそろ視野を広げて行かなければならないのかもしれないと思いつつ、新年も遠近問わずそこここに出かけようと画策している。

extra match


中央本線:大月-鳥沢/5006M「スーパーあずさ」6号:E351系S22編成+S編成
E351系の引退と聞いて手持ちを見返すと記録はできているが、イマイチかっこよく写せていない。卵型の車体断面に高運転台が組み合わさっているせいで普通に撮るとアンバランスになってしまうようで、作例を丹念に見ていくと望遠・ハイアングルが攻め手に見える。鳥沢駅進入アングルでセンチ単位の立ち位置調整をしつつ構図を考えたが、単焦点の融通の利かなさに泣かされた。ファインダーの中で方向性の正しさを感じただけにリトライのチャンスが欲しいところだ。

subway locomotive


都営地下鉄浅草線:五反田駅/2499T:都営E5000形E5002+E5001+都営12-000形12-351F
地下鉄を機関車が走る。東京の鉄道シーンにこんな光景が加わったのはもう12年も前のことらしい。

単勝


14:51/Tokyo Haneda-XXXX/Russian Air Force 223th Squadron Ilyushin IL-62M:RA-86572
冬至直前にIL-62Mがやってきた。昨年のプーチン来日でも飛来しなかったので残すチャンスは日朝国交正常化しかないかと思っていたところ、日ロ2+2協議再開のおこぼれが回ってきた形だ。狙いは迷いなく上がり一本だが、立ち位置に逡巡。旋回開始位置・旋回半径・上昇率を当てる中防3連単に心は傾いたが、結局賭け金を突っ込む勇気が持てず、手堅く京浜島で出迎えた。微妙な空模様の中で光が当たってくれたのは僥倖だったが、代わりにエルロンが動き出す。早いターンに加えて上昇角も大きく満点には程遠いものの、それでも及第点の結果は残すことができたように思う。

敗戦


山陽本線:厚東-宇部/9931レ「サロンカーあさかぜ」:EF65 1133+14系改客7連
大サロとは言え一応夜行列車との影抜けチキンレースとあって、久々の感覚に高揚感を感じつつ陽の上がりを待つ。しかし通過直前になっても中間4両目あたりの影が抜けきらない。編成先頭と後部の影抜けは確認していたが、盲点となっていた中間車に足を掬われた形。何も撮らないよりはと、流し撮りでお茶を濁したが結局築堤が影から抜けたのは通過4分後だった…無念。

Douglas Face


FEA8652:Taipei Taoyuen-Yamaguchi Ube/Far Eastern Airlines McDonnel Douglas MD-83:B-28027
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ