2017年11月

横道から


岡山電気軌道東山本線:西大寺町-小橋/175レ:岡山電気軌道7900形8101号

やくも#15


伯備線:岸本-伯耆大山/1015M「やくも」15号:クハ381-144+サハ381-228+モハ381-76+クモハ380-503
「午後からは西からの移動性高気圧に覆われて晴れるでしょう」。散々裏切られてきた気象庁の甘言にまたも乗せられてしまった訳だが、救われることもたまにはあるらしい。

Tc115-608


山陽本線:入野-白市/329M:115系C13編成
1966年製、115系最古参のクハ115-608をようやく捉えた。経年車の淘汰が進んだため非サッシ窓というだけでも目立つのに、加えて屋根上には急行型然としたAU13がパラパラと並ぶ。こんな個性溢れるオールドタイマーながら10年以上年下の1000/2000番台とペアを組んで矍鑠たる働きぶりで、運用範囲の広さゆえに出会える機会がなかなか持てなかったが、やっとその独特なサイドビューを収めることができた。秋の朝陽に照らされた休日らしい雰囲気の乗客たちもいい味を出してくれている。

海物語


瀬戸大橋線:茶屋町-植松/3141M「マリンライナー」41号:5000系M3編成+223系5000番台P編成
伯備線目当てで東へ走ったはいいものの、夜が明けてみれば山陰は霙らしい。瀬戸内側に居残りを決めて、最後は瀬戸大橋線に行き着いた。狙いはマリンライナーで、冬光線でしか撮れない5000系側の編成写真をきっちり押さえておきたかった。JR東日本テイスト溢れるサイドビューの先頭ダブルデッカーが編成美を崩してはいるのだが、顔つきのインパクトの前に違和感が薄れて三社混淆が程よく成り立っている。しかし塗装ぐらいは揃えてほしいところで、5000系登場15年に加えて瀬戸大橋線開業30年という節目を迎える来年あたりにリニューアルでもやってくれないかと期待してしまう。

in mercury light


鹿児島本線(博多臨港線):福岡貨物ターミナル駅/4094レ:EF81 303+コキ
23時前の静寂を破るブロア―音と共に着発4番線から緩やかに発車。水銀灯を浴びる銀色のボディは抜群にかっこよかった。夜遊びには寒風が厳しい季節だが、また通ってしまう気がしている。

検電アンテナ


鹿児島本線:原田-天拝山/2330M:415系500番台Fo507編成+Fo103編成

青釜


鹿児島本線:天拝山-原田/59レ:EF81 453+コキ

閑話休題


近海郵船「しゅり」:大阪港-東京港
(SFJ090:Kitakyushu-Tokyo Haneda/Star Flyer Airbus A320)

great curve


長野電鉄長野線:附属中学前-朝陽/12A特急「ゆけむり」:長野電鉄1000系S1編成
編成写真というと障害物や背景の処理といった細かいところばかりに目が行ってしまうが、本来の醍醐味は鉄道車両のカッコよさの追及にある。現実的には障害物が多いために車両をすっきり見せるだけで四苦八苦しているのだが、長野電鉄には前景背景ともに綺麗に整った最高のインカーブがあった。理想の姿を想像しながら構図をあれこれ考える楽しいひとときはあっという間に過ぎる。明るい塗装ゆえに映り込みを気にする必要さえもなく、ノーズを綺麗に捉えることを最優先した広角90mmのローアングルにセッティング。短くなってなお健在なHiSEのカッコよさを確かに切り取った。

熱烈歓迎トランプ大統領




Marine 1:Kasumigaseki Country Club-Akasaka Press Center/VMX-1 VH-3D:159359



アメリカ合衆国大統領というよりは㈱USAの名物社長といった雰囲気のままドナルド・トランプがアジア外遊にやって来た。横田到着時に前例外しのRWY36着陸をかまして航空オタクの期待を盛大に裏切った以外には大きな波乱もなく、予定調和の日程を淡々とこなす。ヘリ移動が多かったため川越や赤坂といった飛行場外での撮影チャンスがあったのは特筆に値するところで、六本木ヒルズ展望台からは本人の姿も確認できた。ヘリが重用された分、車列の出番は多くはなかったようだが、歓迎ムードで穏やかな車窓は好意的な対日観醸成に効果があったかもしれない。そしてクライマックスの横田上がりだが、今度は瑞穂の丘からの期待に応えるRWY36からの離陸。エアフォースワン独特の低いピッチ角でその美しい姿を惜しげなく披露して韓国へと旅立っていった。

SAM:Yokota-Osan/USAF 89th Airlift Wing VC-25A:82-8000
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ