2016年09月

Classic faces


南海電鉄本線:住ノ江検車区羽倉崎検車支区/南海7100系7159Fほか
滝谷から井原里にでも転戦しようかと思っていたが、そう上手く晴れが続いてくれるわけもない。代わって羽倉崎の車庫を覗いてみることにした。車内から眺めるとちょうど7100系がうまく並んでいる感じで、ついてみると4本をワンフレームに収めることができた。側面は両開き戸袋窓なしで割と現代的なスタイルながら顔立ちはいかにも関西らしい端正な佇まいで、こうやって顔だけを並べてみるとちょっとした迫力さえあった。

Rapid Express #1707


南海電鉄高野線:金剛-滝谷/1707レ快速急行:南海6000系6015F+6031F+62xxF
高野線の古豪6000系はあまりに普通に走っていて、欲が出て優等列車で狙いたくなる。なかなか6連運用には入ってくれないので、日中でも8連を組む快急を狙い撃ちする必要があり、結果的に滝谷のストレートに何度も通う羽目になった。 よりによって光線がいい1707レ快急の被る率が高く、それ以外にもやられ雲・ヌル晴れ・運用確認ミス等バラエティ豊かな敗因を揃えて今回で5回目の撮影。最近あまりに曇りが続いているのでほとんどダメ元で行ってみたら、ピンポイントの晴れ間に救われた。

Setaria faberi


播但線:新野-寺前/5641M普通:103系3500番台BH5編成+BH9編成
あれよあれよという間に夏光線は終わってしまい、あと10日もすれば太陽は真西に沈むようになる。 土日にしか撮れない立場からするとこの変化は本当にあっという間で、9月の晴れ間は無駄なく使いたい。今週末は冴えない予報で朝寝を決め込んでいたが起きてみると西のほうは晴れている様子があり、新快速で播但線に駆け付けた。狙いは夕方の4連で、通過10分前に広がった薄雲に頭を抱える場面もあったがどうにか順光で捉えることができた。ドアの塗り分けやロゴなど意外と細かい塗装ながらしれっと単色化を免れている播但線の103系、しばらくは安泰だろうが一応の記録ができて一安心。

White,gray and blue


16:11/United States Navy VFA-27 "Royal Maces"/Boeing F/A-18E Super Hornet:165865

16:18/United States Navy VFA-115"Golden Eagles"/Boeing F/A-18E Super Hornet:166863

16:41/US Navy VAW-115"Liverty Bells"/Grumman E-2C+2000 Hawkeye:165812
所用で近くまで行ったので空母へのフライトが始まった厚木に展開。予報よりも抜けのいい青空と夏らしくめまぐるしく形を変える雲が楽しませてくれた。16時頃から離陸機が続き、高い・低いと一喜一憂する。減りつつある色付き隊長機の上がりには恵まれなかったが、600番だけはほどよい姿勢を見せ、その頃には青の深まりは冬を思わせるほど。贅沢な条件でフライオフを見送ることができた。

reentry


南海電鉄本線:鳥取ノ荘-尾崎/0502レ特急「サザン」2号:南海7100系7133F+南海10000系
再び短いシーズンが開幕した。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ