2016年07月

強敵攻略中


南海電鉄本線:鶴原-井原里/0239レ特急「ラピートβ」59号/南海50000系
南海の車両はどちらかと言えばオーソドックスな傾向にあるのだが、ラピートだけは抜群にぶっ飛んだデザインで、ファインダーを通して対峙するとその複雑な前頭形状や濃紺の塗装は悩ましい要素として浮かび上がってくる。少しアングルを変えるだけで形の印象が変わってくる上に、卵型のボディは映り込みが凄まじく、綺麗に発色してくれない。井原里のストレートを舞台に望遠⇔広角、ローアングル⇔ハイアングルなど色々に試してきたが、今回ようやくその姿を素直に捉えられたように思う。

暮色


阪和線:東岸和田-東貝塚/各駅停車663H/103系HK605編成
面縦狙いで向かった跨線橋だが、生憎フェンスのせいで目論見は外れた。収穫もなく意気消沈してだらだらとしているとヘッドライトの光芒を狙う作戦を思いつく。夏の夜の足取りは遅い。暗闇に包まれるまでの勝負と決めて居残っていると103系が東岸和田の待避線に姿を現した。225系に道を譲って発車。豚鼻ヘッドライトを爛々と輝かせてやってきた103系は暮れなずむ街によく似合っていた。

ニュータウンの電車


南海電鉄高野線:浅香山-我孫子前/3204レ区間急行/泉北高速鉄道5000系5503F
高度経済成長の時代、山を切り開いて新しい街を作るにあたっては都市と交通の一体開発が強く意識され、交通機関として理想的な鉄道建設への挑戦が試みられた経緯がある。車両と駅のトータルデザインもそのひとつで、泉北高速鉄道では青をあしらったすっきりとした色使いを採った。3代目の5000系は淡白な顔立ちながら20m4ドアの8連貫通とあって存在感は十分。ステンレス車ばかりの高野線の通勤電車陣にまばゆい白地のアルミ車が鮮やかな彩りを加えている。

大和川夕景


南海電鉄高野線:我孫子前-浅香山/3613レ区間急行:南海6000系6017F+6003F
夕陽が50年モノのステンレスボディに一閃。 熱を帯びた斜光に夏を感じた。

青の6両


阪和線:長居-我孫子町/各駅停車655H:103系HK606編成
225系5100番台投入の影響は4連の運用に顕著で、4扉4連の運用はだいぶ減ってしまった。ただ6連の方はまだまだ元気で、相変わらずの光景が繰り広げられている。夏のこの時期の阪和線の撮影地は限られるが、久しぶりに見かけた写真に誘われて駅先で編成写真を狙う。何本かの103系を撮ることができたが、今回は高運転台30N更新で雨樋が揃うHK606編成がちょっとした見どころだった。

夏模様


山陰本線:上夜久野-梁瀬/9713レ「宝塚・城崎電化30周年記念号」/DD51 1191+14系改客
夏に来たのは初めてだったが藪漕ぎした割に線路際が草茫々で残念な仕上がりになってしまった。なにより失敗だったのはこれ一枚撮って疲れて帰ってしまったこと。 

麒麟


根室本線:島ノ下-富良野/7041D特急「フラノラベンダーエクスプレス」1号/キハ183系
(キハ183 3-キハ182 46-キハ182 47-キハ182 48-キハ183 4)
梅雨空を躱しての北進のはずが、旭川は朝から曇天に見舞われていた。予報を見ていると夕方の帯広は晴れそうだったので富良野を抜けて狩勝峠を越えて道東へと向かった。予報は当たって帯広はバリ晴れだったものの太平洋岸の音別の撮影地には濃密なシーフォグがかかっていてあえなく惨敗。翌朝退却の途上パシャりと狙ったのがこの一枚で、列車名から勝手にノースレインボーエクスプレスあたりが来るものと思っていたらカーブの先にはキリンが姿を見せた。

終業


MM160:Fukuoka-Kansai International/Peach Aviation A320-214:JA810P
22時すぎの関空に降り立つと、隣のスポットにもA320が入ってきた。JA810Pのこの日のフライトを調べてみると札幌・宮崎・福岡を往復して合計6レグのフライトをこなしており、ちょうど福岡から戻ってきたところだった。LCCの1日のフライトとしては意外と少ないようにも思えるが、その前日は台北・釜山・ソウルの国際線6レグの飛びっぷりで、朝方に検査などが入っていたのかもしれない。窓周りに多少の汚れが見えるがLCCであることを考えれば十分綺麗で、むしろ働き盛りらしい表情で好ましい。

鮮やか紅白特急


南海高野線:紀伊清水-橋本/0814レ特急「こうや」14号/南海30000系30001F
川を渡る線路は架橋距離を最短にするため、流れに対して垂直に敷かれるのが普通で、そのために橋の前後にカーブが介在することが少なくない。高野線の紀ノ川橋梁もそんな例の一つで、カーブが90度近いため一年を通してよい光線が得られる。日の長いこの時期は夕方の光が素晴らしく、前パンを振りかざした上り列車を捉えることができる。休日は2本の特急が続けて上ってくるが、より綺麗に光が回る最終こうやにちょうど30000系が入ってくれた。赤と白の素直な色に塗られた17m級の車体はおもちゃのようだったが、全M車だけあって重々しい走行音を残してゆったりとカーブを進んでくる。

九度山俯瞰


南海高野線:九度山-高野下/0813レ特急「こうや」13号/南海30000系30001F
ここのところ編成写真ばかり撮っていて食傷気味だったので、久しぶりに俯瞰でもしてやろうと高野線に向かった。梅雨の中休みとは思えない暑さの中、歩いて撮影地に向かうのは気が進まなかったが、駅近撮影地を調べて九度山で降りる。真田丸人気で賑わう駅を抜け、一本調子で登り続けると20分あまりで山間に消えていく線路を見渡すことができた。一面に広がる濃い緑は南海30000系の紅白の塗装にぴったりで、あたかもこの車両のために設えられたセットのようだった。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ