2015年03月

北の引退劇

ダイヤ改正まであと2日。久しぶりの大規模改正で、新しいものもいろいろと出てくるが、それ以上に数多くの車両が消え行くことになる。


函館本線 豊沼-奈井江/2228M/S-116編成
北海道からは国鉄型の電車が消滅する。あっという間に置き換えられた781系とは異なり、じわじわと存在感を減じてきたが、ついに完全な引退を迎えることになった。最後に残った運用は決して多くはなかったが、ブルトレのように1日1本しかないわけではないのでさよならヘッドマークがついた頃でも撮影地は静かなものだった。

古色蒼然・山陽本線

北陸新幹線開業に伴う並行在来線の3セク化という変革があと5日後に迫っている。新幹線の開業とともに繰り返されてきた構図だが、今から40年前には山陽本線が同じ顛末を辿った。山口県内を見てみると現行ダイヤではだいたい40分おきに列車が走っていて、無人駅も少なくない。

山陽本線 小野田-宇部/山陽本線普通3342M/115系C-41編成
少し寂れた駅が散見される中、宇部や小野田の駅は少し違った雰囲気で好ましい。これらの駅は小さいながらに貨物の取り扱いがあり、いかにも支線然とした宇部線の分岐があったりや待合室に蕎麦屋が残っていたりするなど、昔ながらの一般駅にあったアクセサリーが一通り揃っているためだろう。初めて訪れた8年前からほとんど変わらない駅構内をしげしげと見まわしていると、8年前とほとんど変わらない出で立ちの115系がやってきた。227系の投入を控え、車両面での変化は避けられないようだが、この駅の雰囲気はまだ長生きしてくれそうだ。

99.82%

上野からはるばる1212.5km、札幌までは2.2kmを残すのみ。日本最大の10線区間から始まった旅路は、海底トンネルや単線非電化などありとあらゆるタイプの線路を経て最終区間に辿りつく。

千歳線 白石-苗穂/1レ「北斗星」/DD51 1138+DD51 1148+24系25型12連
この旅路に北斗星は16時間超をかけて走るが、同じ距離を飛行機は1時間ちょっとで飛んでしまう。そのスピードは功罪半ばだが、撮り鉄に前日夜発の北斗星を狙うチャンスを与えてもくれる。千歳に到着次第すぐさまエアポートに乗り込み、冷たい空気に慣れる間もなく望遠レンズを覗くと、4基のDML61Zから立ち上るエギゾーストがくっきりと見えた。

菱パン健在

今回初めて伊勢中川以南の山田線で撮影するチャンスを得た。名阪特急メインで使われているアーバンライナーなどはあまり見られないが、その分スナックカーやサニーカ―を多く狙える区間だ。

近鉄山田線 伊勢中川-伊勢中原/7415レ名伊乙特急/12200系+30000系
伊勢参りの途中立ち寄った程度だったので収穫には期待していなかったものの、列車がバンバン来るので撮影意欲は否応にも高まる。予定を少し延長していると菱形パンタグラフを振りかざしたスナックカーがビスタカーを引き連れてやってきた。伊勢中川がデルタ線となっていて山田線内での編成の向きが一定しないため、なかなかに難儀させられたが、今回は前パンで来てくれてなにより。

Speed Runner

国鉄民営化直後はJR各社が高速化に邁進した時期で、相次いで登場した特急車はいずれも130km/hかそれ以上の速度を目指していた。同時に国鉄特急の標準デザインからの脱却を図って、バラエティー豊かな装いの車両が各地に現れた。

宇野線 妹尾-備中箕島/15M「しおかぜ」15号/8000系L4編成

そんななでも8000系は高速列車然としたスタイルで好ましい。一方の機能最優先の先頭車とも好対照で乗り入れ先の本州では独特な存在感を振り撒き、思わず狙いたくなる。今回もそんな誘いに乗せられて宇野線定番の陸橋からその流線型のラインを若干ながして切り取った。

ひかりの存在感

ひかりが東海道山陽新幹線の最速達列車の座をのぞみに譲ってからも、山陽区間完結タイプのひかりはしばしばのぞみよりも停車駅の少ない列車として上位にあり続けていた。しかし、九州新幹線との直通がはじまったことにより、そのポジションをみずほとさくらに奪われ、ひかりの存在感は極めて小さいものになってしまう。現状ひかりの栄光は700系7000番台の姿に残るのみとなってしまった。

山陽新幹線 厚狭-新山口/738A「こだま」738号/700系7000番台E8編成
ひかりレールスターとして華々しくデビューし、高い人気・乗車率を誇った同車も2011年以降はこだまとして地味な活躍を続けている。駅を通過していく姿を見ることはほとんどできないが、沿線での迫力は健在。船鉄バスに乗って旧船木町駅そばのポイントに着くと、300km/hで駆け抜けるN700系の合間を縫うようにしてレールスターがやってきた。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ