2015年02月

赤城颪

身近で魅力的な被写体は減っているとはいえまだまだ残っている。高崎周辺の115系はその代表例と言っていいのだが、灯台下暗しで真面目に狙ったことがなかった。さすがにこの冬のうちに一度は撮っておこうと、重い腰を上げて両毛線に向かった。

両毛線 駒形-伊勢崎/461M/115系T1144編成
相変わらず安定して晴れてくれているが、赤城山から吹き降ろす北風が非常に強く、気楽に撮影ができる環境には程遠かった。その代わり空気は澄んで視程はばっちり。おかげでうっすらと冠雪した山々が湘南色のサイドビューを引き立ててくれた。

日々是晴天


秩父鉄道 上長瀞-親鼻/7305レ/デキ502+ヲキ
ここのところの好天続きで被写体不足という嬉しい悲鳴を上げている。そこで101系が引退して以来の秩父鉄道に足を伸ばしてみた。出足が遅くなってしまったので成果を求めて日没まで居残ることにしたが、幸い貨物列車は活発に走っていて夕暮れが夜闇に変わる前にシルエットを決めることができた。

Goodbye, African Queen

ヴァージン・アトランティック航空の東京線は今日2月1日のVS901便を持って廃止となり、赤を基調にした塗装を成田で見ることはできなくなった。この塗装はトレンドともに進化を遂げてきたため微妙に違う塗装が混在しており、最新塗装は一段と深くなった赤とビルボードタイトルに特徴がある。

VS901:Tokyo Narita-London Heathrow/Virgin Atlantic A340-312/G-VELD
閑散期の冬スケでは-300が投入されており、昨年冬スケより1時間遅くなった出発時間もあって好条件は逃さないよう心がけてきた。引退間際の1月になってから変化をつけようと離陸アングル以外にもチャレンジしたが、慣れない撮り方を一発で決めるのはやはり無理があった。

VS901:Tokyo Narita-London Heathrow/Virgin Atlantic A340-312/G-VELD
そこでG-VELD最終飛来となった1/31発のVS901便はいつも通り離陸アングルで狙った。30ノット近い北風が吹き荒れたせいで大きく煽られて満点の離陸とはならなかったが、なかなかうまく撮れなかったG-VELDらしいお別れとなった。


VS901:Tokyo Narita-London Heathrow/Virgin Atlantic A340-312/G-VELD
最後にG-VELDのベストカットを上げておきたい。この一枚を12/3に撮影してからも6回狙ったがこれを越える写真は得られなかった。African Queenと名付けられた機体だけに南風とは相性が良かったのだろうか。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ