2015年01月

福音

昨年末に羽田空港C滑走路の延長工事が完成し、C滑走路は3360mの長さを持つこととなった。諸外国の空港には見劣りするものの、近年の航空機の性能を考えれば十分な長さであり、国際線ターミナルの増設とあわせると羽田にもいっぱしの国際空港としての体裁がようやく整ったことになる。撮影側としては乗り入れ機材の多様化に期待がかかるが、その前に滑走路の延長による離陸ルートの変化が直接的に影響してきている。どうなったものかと心配しながら昼過ぎの中央防波堤に向かった。

LH715:Tokyo Haneda-Munich Franz Josef Strauß/Lufthansa A340-642/D-AIHF
国内線の便は基本的に延長部分は使わずインターセクションで離陸しているようだったが、長距離便のルフトハンザはもちろん3360mをフルに使って離陸してきた。立ち位置を変えて眺めていると意外にもいい感じでターンを決めてくる。長い胴体がファインダーにほどよく収まり、思わず感嘆してしまうほど。ルフトハンザに限って言えば今回の滑走路延長は吉と出たようだ。

4trackのクイーン

小田急が苦心して作り上げてきた複々線を眺める格好のスポットが成城学園前駅にあり、年末以来ロマンスカー熱が高まっていたので年明け早々にお邪魔してきた。

小田急電鉄小田原線 祖師ヶ谷大蔵-成城学園前/31電車「はこね」31号/7000形7003x11
まっすぐに伸びる複々線が気持ちのいいアングルだが、併走したりすれ違ったりする列車がいないとあまり絵にならない。VSEは寂しい写真になってしまったものの、LSEのタイミングではダイヤ通り3列車の競演を捉えることができた。

真打見参

EF81 81がローズピンクに銀帯のお召塗装に復元されてからはや半年が経つ。ただし稼働回数は少なく、客車列車に限れば黒磯訓練での24系6連牽引にとどまっていた。そんなところで訪れたカシオペア牽引のチャンス。ステンレスとはいえ長編成客車との組み合わせがようやく叶った。

東北本線 南浦和-蕨/回9062レ(カシオペア・クルーズ回送)/EF81 81+E26系12連+EF510 510
ただ昼過ぎに尾久着のスジだったので撮影地に恵まれず、光線を考慮すると冴えない窓割りの通路側で妥協せざるを得なかった。3線空きで間延びするのを避けるために、首振りアングルで圧縮するべく脚立持参で向かった南浦和直近のポイントは線路間の杭が多く、結局無理のある構図になってしまったのが惜しい。次回はヘッドマークつきの正調編成をすっきりした撮影地で狙いたいものだ。

2015/1/3 Narita

正月三が日のうちに成田詣でとするべくスカイライナーを奮発して一路成田へ。

VS1901:Tokyo Narita-London Heathrow/Virgin Atlantic A340-313/G-VELD
久しぶりのデッキでのお目当ては前日機材トラブルで21時間ディレイとなっていたヴァージンのA340。スポットの位置もちょうどよかったので、定刻で飛んできた機体とのツーショットを狙った。ヴァージンのA340は長胴型の-600こそ多数保有しているものの-300は残り2機と風前の灯状態で、その2機が東京線専従となっていることから東京線の廃止とともに引退することも考えられる。正月早々予定の狂った乗客には同情するが、スポッターにはよいお年玉となった。

VS1901便が上がると早々にデッキを辞去し、成田駅経由で三里塚に転戦。この日は北風が強く、瞬間風速28ノットを記録している。ギアが相対的に早い段階で上がるので位置を変えて離陸を狙った。

11:15/GA881:Tokyo Narita-Dempasar Ngurah Rai/Garuda Indonesia A330-341/PK-GPC

11:17/JL725:Tokyo Narita-Jakarta Soekarno-Hatta/Japan Airlines B777-346ER/JA736J

11:19/SQ637:Tokyo Narita-Signapore Changi/Singapore Airlines B777-312ER/9V-SWY

11:27/LX161:Tokyo Narita-Zurich/Swiss Airlines A340-313X/HB-JME

11:36/KL862:Tokyo Narita-Amsterdam/KLM Royal Ducth Airlines B747-406M/PH-BFV

11:53/HB1:Tokyo Narita-Bangkog Suvarnabhumi/Asia Atlantic Airlines B767-383ER/HB-AAB

12:23/GA885:Tokyo Narita-Jakarta Soekarno-Hatta/Garuda Indonesia A330-243/PK-GPJ

12:24/AF275:Tokyo Narita-Paris Chales de Gaulle/Air France B777-328ER/F-GZNB

12:33/Tokyo Narita-Noumea La Tontouta/Aircalin Air Calédonie International A330-202/F-OJSE

12:35/VS901:Tokyo Narita-London Heathrow/Virgin Atlantic Airways A340-313/G-VSUN

12:46/SK984:Tokyo Narita-Copenhagen/Scandinavian Airlines A340-313X/OY-KBD

13:11/SU261:Tokyo Narita-Moscow Sheremetyevo/Aero Flot Russian Airlines A330-343X/VQ-BMX

13:56/UL455:Tokyo Narita-Colombo Bandaranaike/Sri Lankan Airlines A330-343E/4R-ALL

15:07/PR433:Tokyo Narita-Mactan Cebu/Philippines A330-343X/RP-C8763
強風のおかげで普段撮りにくいA330の収穫が多く、トータルでも14機と幸先はいい。ただし狙っていたニュージーランドとチャイナサザンの333を逃す失態もあって、満点の撮り初めとはいかなかった。

成田離陸機リスト追加済み:http://signaltower.web.fc2.com/aircraft/auto.html

リゾートドルフィン

伊豆半島東岸を走る伊豆急はリゾート色が強く、特急列車はもとより普通列車に特急並の設備を有したリゾート21を投入している。白い車体に海側は青、山側は赤のアクセントカラーを配した塗装のイメージが強いが、この塗り分けは現在3本のリゾート21のうち最新のアルファリゾート21に残るのみで、1本は黒船電車となり、もう1本は100系の塗装を受け継いだ濃淡2色のハワイアンブルーに塗られてリゾートドルフィンの愛称が与えられている。

伊豆急行線 蓮台寺-伊豆急下田/5645M「リゾート21」/伊豆急2100系R-4編成
そのリゾートドルフィンは一昔前のジョイフルトレイン然とした雰囲気があり、しっかり撮ってみたい被写体だったが伊豆の遠さと撮影地へのアクセスの悪さから敬遠していた。一念発起してくまなく探してみると、意外にも終点伊豆急下田の駅近くにすっきりした築堤が見つかった。道路を挟むため案じていた車の往来も杞憂に終わり、片道4時間の道のりに見合う成果が得られた。

新年

正月に適した写真選びというのは難しい。一番望ましいのは朝日の写真で、夕方や夜の写真は似つかわしくない。1年の始まりにふさわしいさっぱりした瑞々しい印象を出せるものを探してみた。

小田急電鉄小田原線 渋沢-新松田/0713電車「スーパーはこね」13号/50000形50002x10
足回りまで真っ白なVSEが真っ青な空を行く。ちょうど年末に収めた1枚が新年1回目の記事にぴたりとはまった。謹賀新年。今年も隔日更新・奇数日運転で続けていくので是非ご覧いただきたいと思う。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ