2014年01月

50年目のお正月

東海道新幹線 三島→新富士/27A「のぞみ」27号/N700系Z80編成

1964年に開業した東海道新幹線は今年50周年を迎える。新年らしいものを見ておきたいと思って須津のポイントまで行ってみた。

真横から新幹線を狙うここではそのスピードをよく実感できる。時速250kmとすると秒速では約70m、秒間8コマのEOS 7Dで連写してもコマとコマの間で8mも進んでしまう。富士山とのバランスもあってなかなかうまくいかない。新幹線撮影の醍醐味であろうか。ただ東海道新幹線ではすぐにリトライできるので気楽なのがいい。そうこうしてようやくバランスが取れたのがこのカット。Z編成としては最終増備となったZ80編成が博多行のぞみとしてやってきた。

逃がした魚は大きい。

昨年12月28日、9連休の初日となるこの日に突如エアインディアのB747がシップチェンジで飛来した。帰省中で成田展開は叶わず、年が明けた9連休最終日の5日日曜日の飛来に賭けることとなってしまった。1発勝負に一抹の不安を覚えつつも、晴れ予報を聞いてすっかり安心して当日の朝を迎えた。 

12:10/AI306(NRT-DEL)/B747-400/VT-EVA

結果はご覧のとおりのどん曇り。機体に日差しさえ当たってくれなかった。来冬もまた飛来してくれることを願うのみ…

いしづち

予讃線 香西→鬼無/9019Dいしづち19号 キハ185系2連

普段は徳島地区のローカル特急に専念しているキハ185だが、年末年始やお盆の時期には高松~多度津間でいしづちに返り咲く。松山~岡山のしおかぜを8000系8連で運転するためで、松山~高松を行く場合は多度津で8000系とキハ185を乗り換えることになる。松山に対して岡山と高松という2つのターミナルを持つ四国ならでは運転形態がキハ185の役者ぶりを演出している。やはりヘッドマークを掲げる特急は魅力的に映るものだ。

銀色秩父路

秩父鉄道 波久礼→寄居 1540レ/5000形5003F3両

101系オレンジバーミリオンの引退が3月に迫り、再び秩父に足を運んだ。1523レで三峰口へ下った1003Fの返しを波久礼の駅で待つ。だんだん光線はよくなるが同時に山影も迫ってきた。結局目論見はまたしても外れて都営車がやってきたが、斜光に照らされたステンレスは渋い雰囲気でなかなかに悪くない。

謹賀新年

日豊本線 川南→高鍋/5075M ひゅうが5号 787系

元日は日の出から撮影をスタート。シルエットを狙いに太平洋側まで繰り出した。九州の遅い太陽は7時半を過ぎてからようやく姿を見せてくれた。

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ