赤が咲く


西武池袋線 飯能→元加治

次の秋ここにこの電車はもう来ない。

遠足で乗った黄色い電車、忘れないでほしい。

ハイビーム

IMG_0286

土讃線 讃岐財田→塩入

4灯を輝かせて雨中の全力走行。

全灯点灯を活かすべく絞り込んで輝きを映しとめます。


曇りの日

IMG_8058

都電荒川線 雑司ヶ谷→鬼子母神前 7000形

ちょっと憂鬱な天気の一日が終わる、夕暮れ時。

一日厚くかかっていた雲が少し薄くなりました。 

淡く黄色に色づいた空の下、今日も都電は走ります。

最果ての鉄路

IMG_7379

ゆいレール 赤嶺→那覇空港

曇り空の下でも存在感のある2両編成のコンパクトな列車。

異国情緒漂う沖縄の中でいかにも日本的な雰囲気を漂わせています。


遺産

IMG_7681

2012.9.22 Sat 羽田空港旧整備場地区 JA8610

羽田空港にはYS-11の量産初号機が保存されています。

今風のシックなフライトチェッカー塗装を纏っていますがそのシルエットは半世紀前のまま。

少し寂しい整備場地区で再び舞い上がる日を待ち続けているのです。

特別塗装/Narita 4th

IMG_5931

 Air Canada B767-300ER C-FMWY

僕がいたポイントからは次に何が離陸するか全く判断できない。

エアバンドがあればわかるのだが今は手元にないのだ。

タキシング中のスカイチームのB767を見ていると轟音。

木立からエアカナダのスターアライアンスが飛び出してきた。


IMG_6451
American Airlines B777-200 N791AN

アメリカ大陸からはもう1機、アメリカンのワンワールド機も飛来した。

日没後の離陸をかろうじて撮影して帰途についた。

初見機/Narita 4th

第1ターミナルのサテライトの影からウラジオストク機が見えてくる。

A320かと思いきや立派なウィングレットがついている。

小型機には似つかわしくない4タイヤのメインギアがロシア機らしい。ツポレフだ。

IMG_5810

IMG_5876
Vladivostok Air Tu-204-300 RA64026

音も案外静か。離陸性能は抜群にいい。

ギアをしまってしまうとそれこそV2500装備のA320にしか見えない。

ロシア機も進んだものだ、と思っているとうっすらと黒煙が見える。

変わらないところは変わらないのかもしれない。


IMG_6036
Air Asia A320 JA01AJ

こちらは正真正銘のA320.

LCCと言えばサイトのアドレスが書いてあるものが定番と聞いたことがあるのだがNow Everyone Can Flyらしい。 

標語というものはあまり好きではない。小学生以来の苦手意識があるのだ。

エアアジアはいよいよ8/1就航。慣熟飛行もいよいよ大詰めか。


IMG_5614
Bombardier BD-700-1A10 Global Express OE-LGX

アメリカレジのビズジェットはしばしば見かけるがオーストリアレジは珍しい。

どんな客人が乗っているのか、知る由もない。

案外軽い離陸だったのでどこかまたアジアでも巡るのかな。

Have a nice trip!

Narita 4th

チャイナイースタンのA340-600とキャセイのA340-300を狙って今年4回目を数える成田展開。

IMG_5708

MU524 A340-600 B-6052
IMG_6155

CX505 A340-300 B-HXI 


どちらも会心の作とはならず。

イレギュラーなA340だけにちゃんと記録しておきたいところである。

Yokota 5th

7月19日(木)16時半に三沢からF-16CとF-16Dが1機ずつ、17時半に嘉手納からF-15CとF-15Dがそれぞれ1機ずつ飛来しました。これは20日(金)に開催された在日米空軍司令官交代式に関係する動きと関係すると思われます。

IMG_5318
横田のエプロンで離陸準備を整えるF-15Cと21日の朝に上がったF-16D。

F-15Cの機首にはキルマークが見えます。


IMG_5463
15時頃から離陸準備を開始し、16時半に2機とも上がって行きました。

最初の1機はアフターバーナーを長く焚いて高い上がりを見せました。IMG_5481

2機目は比較的低い上がりを見せくれました。

IMG_5495
その約10分後、F-16Cがシングルで上がって行きました。

AIM-9、AIM-120に加えてAGM-88まで搭載したフル装備の様子です。

もっとも、三沢の機体はいつもごちゃごちゃと積んでいる印象はあるのですが。


この日はこのほかにもC-5BやC-40、ヘリ多数が飛来し、動きの多い一日でした。



残っていたF-16Dは翌日22日(土)の9時40分ごろ上がっていった模様です。


ギラリ

IMG_4852

川越線 指扇→南古谷

奥多摩の稜線のその向こう側に日が落ちる。

屈折を繰り返したオレンジの光はなお力強く世界を照らす。

ステンレスの車体が輝きを増す瞬間。


カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ