September yellow


久大本線:天ケ瀬-豊後中川/1860D:キハ125-21+キハ125-25

朝霧


山口線:日原-青原/9080レ:DD51 1802+コキ7両

11年目


日豊本線:重富-姶良/6922M:415系500番台Fk515編成
475系置き換えは813系になると噂されていたのだが、2007年にやってきたのは415系だった。オールロングの4連は場違いにも思われたが、意外とすんなり馴染んで今に至る。ただ鹿児島の線路と500番台の固いサスペンションの組み合わせは最悪で、たまに乗るとワイルドな乗り心地に驚かされる。

Heimhofen


Allgäubahn:Röthenbach-Oberstaufen/xxxx:Class 232+チキ等

2018 Radom


RAF 29th Squadron [RAF Coningsby]Typhoon FGR4

RAF 29th Squadron [RAF Coningsby]Typhoon FGR4:ZK318

Czech Air Force 221st Helicopter Squadron[Sedrec]Mil-24V:3362

Czech Air Force 221st Helicopter Squadron[Sedrec]Mil-24V:3362

The Flying Bulls B-25J:N6123C

Italian Air Force 313th Acrobatic Training Squadron "Frecce Tricolori"[Rivolto]MB-339PAN

Italian Air Force 313th Acrobatic Training Squadron "Frecce Tricolori"[Rivolto]MB-339PAN

Ukrainian Air Force 831st Tactical Aviation Brigade[Myrhorod]Su-27UB:71

Ukrainian Air Force 831st Tactical Aviation Brigade[Myrhorod]Su-27UB:71
青空バックのフィッシュベット、ファルクラム、フィッターの写真が並ぶはずだったが、キャンセルキャンセルキャンセルの嵐で挙句の果てには土日両日が悪天、ついでに極寒。なかなかにキッツーイ展開だったが最後の最後でちょっとだけ救われた。

Sea Trial


海上自衛隊第4護衛隊群第8護衛隊むらさめ型護衛艦4番艦DD104きりさめ
早朝の長崎港を見ると灰色の船がずらり。真ん中に止まっていたきりさめにタグが取り付くのを認めて慌てて港出口に架かる女神大橋に向かう。船を真上から俯瞰できる理想的な撮影地だが、護衛艦を狙うチャンスが三菱長崎の出入りに限られるためなかなか手が出ないでいた。機材を持って駆け上がると眼下に美しい港町の街並みが広がっているのがわかるが、するすると向かってくるきりさめともはや競走状態で景色を楽しむ余裕はなかった。レーダーの向きだけ気をつけてシャッターを切ったが、撮れてみると試運転らしいピカピカのきりさめが綺麗に捉えられていた。

NEW FACE


ETH605:Beijing Capital-Addis Abeba Bole/Ethiopian Airlines Airbus A350-941:ET-AUC

鉄のカーテン


Trat'250:Tišnov-Dolní Loučky/Os4602:CD 242+Bdmtee x4
冷戦が終わって30年にもなろうという頃合いだが、言葉の壁もあってなんとなくハードルの高かった東欧に足を踏み入れてきた。ドイツからローカル列車を乗り継ぎ、プルゼニの街から久しぶりの3ペダルでチェコを横断。通りすがりに結構な数の町村を目にしたが、一つ一つ個性豊かでかつ美しかった。

並木道


Tramvajová doprava v Brně Linka1:Lipová-Výstaviště hlavní/回送:DPMB Tatra T3 1643+xxxx

STARZUG


Allgäubahn:Günzach-Kempten Allgäu Hbf/EC196:Class 218x2+SBB 客車8連
(DB 218 419+218 422+SBB Bpm2090x3+WRm8894+Apm1990+Apm1090+Bpm2090x2)
電車化の流れは着実ではあるものの未だ客車列車が幅を利かせるヨーロッパだが、さすがに牽引機は新型に代替わりが進んでいる。そんな中で1970年代製のBr218が重連で先頭に立つミュンヘン-チューリヒ間のECは特別な存在で、クラシックな機関車と国際優等列車らしい客車編成の組み合わせを見ることができる。前回は客車が短く展望車もなしのがっかり編成だったが、入国即アウトバーンを飛ばした甲斐あってリトライ叶い、展望一等車と食堂車をアクセントとした編成美を捉えることができた。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ