ザワザワ


東北本線:二本松-杉田/配9540レ:ED75 757+キハ101-11
弱気な晴れ予報に賭けていたのだが、早朝の撮影地では灰色の雲と朝靄に迎えられる。しかし追っかけが効いたので次のポイントに期待を残して走る。だんだん雲も掃けてきてハンドルを握る手にも力が入るが、当たりをつけていた場所がことごとく草ボーで慌てに慌てる。残り時間がなくなってきたところで線路際にハイエースなど同業者と思しき車が複数台停まっているのが目に入った。これ幸いと車を乗り付けて仰天。停まっていた車はいずれも保線のもので、信号機器の整備の最中だった。読みは外れたが線路際は若干綺麗で日差しもあったのでシャッターを切ってみると、記念写真程度の一枚には仕上がってくれた。

新潟の色


越後線:分水-粟生津/122M:115系1000番台N40編成

SUPER


山陽新幹線:相生-岡山/865A「こだま」865号:500系7000番台V4編成 

Best dresser


琴電琴平線:栗熊-岡田/45レ:高松琴平電鉄1080形1091F
 琴電の電車博物館ぶりは今でも健在で、都落ちした往年の名車たちが肩を並べる。中でもリバイバル車の登場で京急1000形の注目度はぐんと上がったが、原色と見比べられるようになったおかげで琴電のツートンの完成度の高さも見えてきた。無駄な飾り気のない原設計を損ねることもなく、あるべきものだけが違和感なく並んでいる。そんな琴電1080形の肖像を夕刻の光線で浮かび上がらせた。

小発見


日豊本線:浅海井-日代/4656M:415系Fo125編成
上浦の集落を行く姿を俯瞰できるポイントに晴れカットを収めに出向いたものの、晴れ間は少し南側にずれて光を得ることはできなかった。どよんとした空の下で意気消沈しつつもシャッターだけは切っておこうとカメラを向けた。すると本来のアングルとは違った位置に面白い構図を発見。リアス式の海岸と急傾斜地の間のわずかな平地に人々の営みがあることがよくわかる。晴れていれば山影に没していたあたりなので、珍しく悪条件をうまく生かすことができた。 

WIDER


鹿児島本線(博多臨港線):福岡貨物ターミナル駅/車輪転削:EH500-45
のりものばかり撮っているせいか写真にマンネリ化を感じていたが、原因を70-200mmばかりを使っていたことに見出す。新しい構図にチャレンジするためと称して広角レンズを手入れた。近い距離感で絵作りができる面白さにたちまち写欲が復活し、見慣れた福タの光景もだいぶ違って見えた。

きなでん


筑豊電気鉄道線:筑豊中間-希望が丘/2005列車:筑豊電鉄2000形2003ACB

朱+黒+


山陽本線:厚狭-埴生/工9581レ:DE10 1531+ホキ800形6両
(ホキ1842+ホキ1841+ホキ1839+ホキ1096+ホキ1843+ホキ1679)
5月に35系、6月にクモハ123と105系を捉えた埴生の俯瞰アングルに、8月はDE10牽引のバラスト工臨を収めることができた。今回ばかりは正調編成と呼ぶべき組み合わせで、積車ならではのグレーのアクセントが嬉しい。

Anchored


海上自衛隊第4護衛隊群第4護衛隊いずも型護衛艦2番艦DDH184かが

夕刻出庫


鹿児島本線:南福岡車両区/構内回送(→150M):415系Fo126編成
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ